読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーター20代で転職したいなら成功する自己PRをオリジナル

フリーター 仕事 就職・転職

f:id:contents-marketing:20150420042424j:plain

20代のフリーターから正社員に転職する場合に、

多くのフリーターさんが悩んでしまうのは経験、スキルのなさです。

もしあなたがフリーターで職務経歴書や面接の自己PRで悩んでいたら、

成功に近付く役に立つ自己PR方法を教えます。

 採用条件・応募要件は自分はあってる?

フリーターの転職と、新卒の就活の異なる点はスタートが違うことです。

募集をかけている会社の求める人物像を理解しましょう。

例えば、facebookを使った転職マッチングサービスの

Facebook転活アプリ Switch.に掲載されていた求人募集から例を挙げます。

【株式会社〇〇〇〇】

必須条件

■WEB業界での勤務経験1年以上

コンサルティング営業、マーケティング、プランナー、ディレクターなど)
■PCの基本操作(ExcelPowerPoint

歓迎条件

■WEBマーケティングの実務経験
アフィリエイト広告の運用経験
■WEBメディアに関する企画営業
■アドテクノロジー、DSPSSPなどの広告配信に関するサービスの企画や運用
■マネジメントの経験

 

これはweb系の会社の一例になります。

もちろん未経験のフリーターが応募出来る求人の掲載もありますが、

必須条件として"WEB業界の勤務経験”が挙げられています。

ある程度の即戦力を採用予定人物像に設定している事がわかります。

こういった求人には、フリーターでは不採用の可能性が高いです。

断言出来ないのは、勤務経験が1年というところ。

社会人としての経験があれば、問題ないと捉えることもできますね。

不採用の理由はフリーターじゃない

自分がフリーター、第二新卒向けの求人を選んでいる方で、

企業からなかなか採用通知を貰えないフリーターさんは多いと思います。

求人募集を見て、ようやく見つけたフリーター、第二新卒でも

応募することが出来る企業で頑張った結果、

不採用が続いてしまうとモチベーションが落ちますね。

でも同じフリーターから正社員になった人はたくさんいます。

必ず貴方を必要としている企業はあるので、転職活動を続けましょう。

やり方を少し変えてみたり、誰かに相談するのも大事です。

自己PRは具体的な経験談、失敗から学んだこと

 20代フリーターが転職する時に苦戦してしまうのが、

自分の経験の少なさです。

履歴書、職務経歴書や面接時の自己PRでアピールできる事に

悩んでしまっていませんか?

嘘をついても、すぐにバレてしまいますので、

具体的な経験談を基に自己PRを作成しましょう。

人間は、成功よりも失敗から多くのことを学ぶことが出来ます。

人事担当者は、フリーターにたいして

成功した経験よりも、失敗からどれだけ多くの事を学んでいるかを

チェックしていると言われています。

失敗した経験談から、何を学び、どのように改善したかを

具体的にアピール出来るように自己PRを作成しましょう。

具体的な経験にする為には、数字を必要不可欠になります。

数字を明確にすることで、

数値に対しての意識、取り組む姿勢を評価してくれるはずです。

フリーター向けの求人に応募する

フリーター、第二新卒から正社員への道は思っているよりも難しくありません。

正しい道を進んでいけば、必ず就職することが出来ます。

一番の近道は、フリーター、第二新卒に特化した求人サイトから応募することです。

第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

このような就職支援サイトでは、

主に若者向けの求人を多く取り扱っている為、

20代の転職を希望しているフリーターの為のサイトです。

両サイトとも、就活アドバイザーが貴方の担当になって、

親身にあなたの転職活動をサポートしてくれます。

学校の就職支援センターのような役割を果たしてくれます。

ひとりで転職活動を続けると、

モチベーションを保つことが難しく、

なぜ失敗したのか、何がダメなのかを一人で悩んでしまいます。

転職アドバイザーは、フリーターから正社員への転職サポートの

プロですので、不安なことがあれば何でも相談しましょう。

ひとりで悩むよりも、成功(=採用)に近づきますよ。