読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーターからWEB系ベンチャーに就職転職してみて思ったこと

就職・転職 仕事 フリーター

フリーター歴2年、正社員経験なしの私がWEBベンチャーに転職した時、

どのように就職したのか、働いてみてどうだったかを解説していきます。

 何でフリーター辞めたのか

答えはカンタン、「なんとなく」です。

そもそもフリーターを続けている状況が、なんとなくでした。

なので、フリーターから就職しようと思ったのも、

特に特別な理由はなく、フリーターも飽きたなくらいの感じでした。

どうやって正社員で就職できたのか

特別難しいことはしていないです。

特別なスキルなどもなく、希望職種もなかったので、

第二新卒、フリーター向けの転職サイトに登録してみました。

登録した後、掲載されている求人を見てみると、

新卒就活の時に比べて、うさんくせー会社多いなって感じでした。

その中からまともそうな会社を選んで、エントリーって感じです。

初めて面接に進んだ会社の面接、最初から社長が行ってくれたんですが、

志望動機を聞かれて

「バイトって仕事早いやつほど、稼げないのが納得できないです」

と本音を言って、気に入ってくれたみたいです。

採用通知がもらってすぐ入社

他にもエントリーしていた会社があったのですが、

面接をした会社ですぐに採用の通知を貰えたので、そこに決めました。

面接の準備ってバイトしながらだと、わりと面倒だったので、

よく考えずに次の週からその会社で働きはじめることになりました。

バイト先の店長には、もしかしたら正社員就職出来るかもしれないと伝えていたので、すぐに退職することが出来ました。理解のある上司で本当に感謝しかありませんでした。

入社したのはWEBベンチャー企業

入社する前から、ベンチャー企業ってのは知ってました。

でも知ってただけ、理解できていませんでした。

もちろんフリーターにとって、ベンチャー企業なんて理解できるわけないです。

ベンチャー企業ってどんなイメージですか、

うん、そのイメージのままです。

ベンチャー企業ってそもそも人数が少ないので、

その会社にいる人間によってバラバラなんだと思います。

僕が入社した会社は、社長とその部下ひとりが引っ張るだけ、

あとの人間はわけもわからず走り回って、

偶然ぶつかった契約を手に入れるというものでした。

すぐ辞めてフリーターに出戻り

入社して、周りの人間を見まわしてこのままじゃやばいなって気付きました。

自分が過度に期待され、その期待を受けて頑張りすぎている自分。

4番でエースみたいな存在にならないとこの会社やっていけないんじゃ・・・

なんて勝手に思い出して、会社に行くのが憂鬱になりました。

休めると言われていた土日も、出勤するのが当たり前の風潮で、

限界を迎える前に退職してしまいました。

ベンチャーに就職して何が悪かったのか

自分はもうWEB業界に戻る気もないのですが、

この駄文を読んでくれている人の為に何が悪かったのか書いておきます。

WEB業界ってスマートなイメージありませんか?

少なくともフリータ-の僕には、スマートで眩しいイメージでした。

でも実際は全く逆で、ITドカタな業界なんです。

頑張れ、頑張れ、たくさんやっていくしかない!!

カンタンに言ってしまうとこんな感じなんです。

会社によっては、ゆっくり時間をかけてITドカタとして成長させてくれると思います。

それでもいいなら、フリーターからWEBベンチャーに挑戦してみては。

 Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

Switch.