読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

扁桃炎で悩んでいる人にオススメの漢方薬がすごい

小さい時から年に数回扁桃炎が腫れてしまい、高熱を出していました。

未だに年に1、2回のペースで、扁桃炎が腫れてくると、高熱や関節の痛みで悩まされています。

長い時は、5日から1週間ほど熱が下がらず、病院で点滴などを打つこともありました。

今回、たまたま試してみた漢方薬の効果がバッチリだったので紹介します。

扁桃炎に効く漢方薬『駆風解毒湯』

扁桃炎が腫れてくると、いつもはすぐ病院に行って抗生物質を貰うのですが、今回病院に行く時間が確保出来ず、たまたま寄った薬局で見つけた『駆風解毒湯』という漢方薬

顆粒状のスティックに入った漢方薬なのですが、水に溶かしてうがいをしながら飲むという飲み方で、見事腫れが収まりました。

味は、決して美味しいものではなく独特な苦みはあります。

だけど、良薬口に苦しとはよく言ったもので、服用して1日ほどで腫れが収まり、3日ほど続けて服用していたら、見事に体調は完全回復しました。

 

>【第2類医薬品】駆風解毒湯エキス顆粒 9包

価格:722円
(2017/4/9 18:21時点)
感想(0件)


楽天で駆風解毒湯を探す

粉薬、苦いのが苦手な人はトローチタイプもある

今回、私が試してみたのは顆粒状タイプだったのですが、

水に溶かして、うがいをしながら少量ずつ飲み込む必要がありました。

粉薬を水に溶かす、苦い味が苦手な人にはトローチタイプもあります。

トローチタイプであれば、出先や職場・学校などでも服用できるので、

持ち歩きにはトローチタイプが良いと思います。

>【第2類医薬品】サトウ駆風解毒湯エキストローチ 18錠

価格:438円
(2017/4/9 18:26時点)
感想(0件)

楽天で駆風解毒湯(トローチ)を探す

今まで試してきた扁桃炎の治療方法

喉の奥の違和感からはじまり、身体がだるくなってきたなーと感じ始めると、熱が出t来ます。

高いときには、39度から40度近い高熱が出てしまいます。

病院にひとり歩いていくのも辛いのですが、

我慢して病院に行っても、処方されるのは抗生物質です。

本当につらい時には、点滴を打ってもらったこともありますが、

体調がよくなるのは、一時的であり、自宅にて静養しながら回復を待つことになります。

扁桃炎も腫れはじめの初期対策が重要

今回、扁桃炎の腫れがはじまったな感じて、すぐに漢方薬を服用しました。

腫れのはじめの段階で、対策出来たことが症状の悪化を防ぎ、

早い段階での回復に繋がったのだと思います。

腫れはじめの段階で病院に行くのは、なんだか気が引けるという方も、

薬局で市販されている『駆風解毒湯』であれば、気軽に服用出来ます。

定期的に扁桃炎に悩まされる人は、常備薬として買っておくとよいかもしれません。