読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CVRを下げずに記事中の広告量を減らすライティングスキルと構成

ブログ記事の中に広告を貼りすぎている記事を時々見かけます。

果たして掲載されている広告の位置や量はユーザーの為になっていますか?

成果に繋がるポイントは、

  • 導入は手短に
  • まず最初にカンタンな結論を書く
  • 詳しい説明は後回し
  • 最後は仕上げのまとめ

▶ 自分のサイトが収入源に《アフィリエイトのアクセストレード》

 記事の導入部分は短い方が良い

ユーザーは数多くの情報の中から貴方の記事に辿り着いています。

他に情報選択の余地は、無限に用意されているネットの世界。

ダラダラと導入部分を書くのは、ユーザーの離脱率を増やす原因のひとつです。

記事の導入部分は、手短に本題に入りましょう。

まず最初にカンタンな結論を書く

何より一番重要なのは、ユーザーが求めている情報を提供すること。

記事に求められているのは、「結局それってどうなの」という結論です。

最初に詳しい結論を書く必要はありません。

カンタンに結論の概要を提示する事で、ユーザーに選択肢を与えましょう。

話が下手な人間の特徴は、とにかく理由から説明し始めてしまう点です。

結論が分かった状態で、話を聞くと説明の理解度も増しますよね。

詳しい説明は後回しに

最初に貴方が言いたい結論を言った後は、結論の説明です。

説明もダラダラと長い文章を書くのではなく、ポイントごとにまとめましょう。

ユーザーの疑問となるポイントを項目ごとに解説するのが重要です。

関連性のある項目は、並べて書くことで理解度も増します。

どういったユーザーに向けて記事を書いているかが大切になってきます。

想定されるユーザーが最も求めているポイントを重要度順に書いていきましょう。

誰もが知っているような内容は、後回しにしても問題はありません。

最後は記事のまとめ仕上げ

最初に書いた結論の説明が終わったら、最後は仕上げのまとめ。

説明したポイントで重要なポイントを簡単にまとめることで、理解深度が増します。

ユーザーの時間を無駄にしないよう心掛けるのが重要です。

結論、説明、まとめの構成で記事作成するだけで読みやすい文章になります。

この記事のように、広告は最初と最後に掲載するだけで問題ありません。

アフィリエイトのアクセストレード