読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーターを続けることに不安を感じている若者に向けて

フリーター 就職・転職 仕事

f:id:contents-marketing:20150420042424j:plain

大学を卒業し、もうすぐフリーター歴3年。

周りの友人や後輩、年下の兄弟が普通に正社員として働く中、

もちろんフリーターを続けることに不安がないわけではない。

フリーター生活を長く続けると、本当に楽です。

やり慣れた仕事と環境の中で、新しく業務を覚えることも少ない。

しかし、なんとなく惰性でフリーターをそのまま続けている貴方に。

 確かにフリーターってめっちゃ楽だよな

大学を卒業して、早3年が経ちました。

在学中から数えると、5年間同じバイト先でフリーターをしていました。

バイトリーダーとして、新人教育などは面倒なものの、

業務の8割がルーティーンワークになります。

ほとんど思考を停止したまま、気兼ねなしに

働ける環境でフリーターを続けるのは、やはり将来危ないです。

私が、フリーター生活の中で常に意識しているのは、

「他業種でも使えるスキルを建設的に鍛えておくこと」

他業種でも使えるスキルって例えば何か

私の場合、バイトリーダーとしてパソコンを使う業務がありました。

その中で積極的に自分が苦手としていたオフィス系のソフトを、

あえて使って、報告書やマニュアルを作成しています。

今の時代、社会人はパソコンは使えて当たり前です。

オフィス系のソフトというのは、

  • word・・・文章作成ソフト
  • excel・・・表計算ソフト
  • powerpoint・・・プレゼン資料作成ソフト

をまとめた総称になります。

基本的にどういった業種においても、

管理者クラスになれば、避けては通れないスキルになります。

採用面接の際にも、必ず聞かれる能力です。

いつでもバイト先を辞められる能力と覚悟をつけておく

office(オフィス)系のソフトをある程度使えるようになると、

まず事務職や、営業補佐など正社員雇用のチャンスも広がります。

自分に新しいスキルがつくと、

今まで時間が掛かっていた業務の効率化にも繋がります。

効率化が進むことで、色々なことを考える時間の余裕が出来ます。

空いた時間に、新しいスキルが取得出来る業務を見つけると、

さらに色んな可能性が広がります。

自分の能力に対する評価が、時給と釣り合わないと感じる場合は、

昇給を希望する旨をバイト先に伝えましょう。

見事昇給すれば、ラッキーですし、

却下されれば、自ずと現在のアルバイト先の退職を検討するようになります。

時間に余裕がある時は、求人・転職サイトを見る習慣

同じアルバイト雇用でも、時給が高い職種への転職も可能になり、

今の時給から大幅に給料アップします。

実際に私は、1.5倍近く時給が高い職種への転職が出来ました。

新しいアルバイト先は、アルバイトからの正社員登用の道も十分あり、

フリーターを続けている不安が和らいだ実感があります。

休憩の時間に、求人サイトを見る習慣をつけておくと、

好条件の募集先をすぐに見つけることが出来ます。

求人サイトを見る事で、どういったスキルが必要になり、

スキルに見合った適正な給与を判断する材料にもなります。

私が実際に使った求人サイトを紹介しておきます。

▶ アルバイトを探すなら、バイトーク!

 第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

 

条件に合う求人があれば、試しに応募、面談も良い経験

 求人への応募をした後、なるべく早めにやり取りをはじめましょう。

履歴書などは、手書きでも大丈夫ですが、

パソコンを使って作成すると、作成の手間を省くことが出来ます。

転職サービスなどの利用は、経験がない分、

会員登録などが億劫になりがちです。

しかし、転職サービスの担当者が親身になって相談に乗ってくれます。

求人への応募にあたり、転職エージェントでの面談が必要な場合もあります。

採用面接前に、エージェントでの面談を行うことで、

企業の採用面接前に履歴書、職務経歴書、面接時のアドバイスを得れます。

私は、新卒での就活時以来の採用面接だったので、

エージェントの担当の方のアドバイスが本当に助かりました。

何より転職にあたって、それまで知らなかった情報、知識を

教えてくれたので、単純に良い経験になりました。

最初はWワークで、新しい職場の雰囲気をチェック

もし貴方が現在のアルバイトから、新しいアルバイトへの転職を

考えているならば、最初はWワークで様子を見た方が良いと思います。

新しい職種が自分に合うか、労働環境のチェックなどは、

やはり働いてみないとわからないものです。

一応、保険として現在のフリーターをしているバイトをキープしておきましょう。

もし正社員での転職を希望している場合も、

現在のアルバイト先の上司に最初は少し様子を見たいので、

退職手続きではなく、休職の手続きは可能か相談してみましょう。

休職でなくとも、週1回短時間での勤務でも問題ない場合もあります。

フリーターは続けるのではなく、積み重ねていく

フリーターを続けていくのでなく、

毎日毎日を建設的に積み重ねていく意識を持ちましょう。

段階的に、スキルを積み重ねて、

時給をあげる、転職を進めていきましょう。

何もせずに動かないのではなく、

今出来ることを毎日積み重ねれば、1年後には貯金が出来るようになりますよ。