読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIMでiphoneスマホ中古買い替え時に必要な注意点

以前、使っていたiphone6が使い物にならなくなってしまいました。

修理を【iPhone修理あいさぽ】 で3回程して使い続けていたのですが、今回のiphone6の故障で限界と判断しました。

新品のiphoneを購入する余裕はないので、中古のiphoneを探すことにしました。

中古のiphoneを探す前に

中古のiphoneを探すときに気を付けないといけない事があります。

自分の現在使っているSIMカードを挿して、端末が使えるのか否かです。

iphoneの中古市場では、SIMカードを挿しても使えないモノが結構あります。

理由は様々ですが、よく知らない人は専門店以外のオークション、メルカリなどで中古のiphoneを購入するのは避けた方が良いです。

中古iphoneは専門店で買え

中古のiphoneスマホ専門店では、在庫が豊富で種類も揃っています。

端末購入後のサポートを受ける事が出来るお店もあるので、信頼できる専門店を選びましょう。

目的用途をしっかり考えて、自分に必要な端末を見極めましょう。

因みに筆者は、2016年最も故障したiphoneiphone6だというニュースを見て、iphone6から5に買い換えました。

ちなみに中古スマホ・白ロム専門フリマ/ムスビー では、

iphone5は、○円ほどで販売されています。

因みに中古のiphoneは、バッテリーが交換されているものを選ぶのが吉。

 SIMフリーiphone端末

iphoneには、新品中古問わずSIMフリーの端末があります。

SIMフリーというのは、キャリアを問わずSIMカードを挿して使える端末です。

SIMフリーの端末は、他のキャリア端末よりも値段が高い傾向にあります。

格安SIMなどのMVOを利用している時は、キャリア端末でも利用可能か確認して購入すれば、費用を安く抑える事ができます。

例えば筆者は、

格安スマホmineoという格安SIMのMVOキャリアですが、mineoはdocomoauの端末を使用する事が可能です。

通信回線の関係で、契約時にどちらか選択します。

契約時の回線キャリアの端末であれば、SIMフリーiphone端末でなくとも使う事が可能です。