読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎にUターン転職就職する時に気をつけたい事

就職・転職

都会に暮らす地方出身者にとって、悩みのひとつである「実家の存在」。

定年退職した両親の面倒の為にUターンする事などを考えておく必要があります。

もし少しでも、実家に帰らなくてはならない可能性がある場合は、

どのような準備をしておけば良いのでしょうか。

Uターンする時に心配なのは、やはり仕事先

もし実家から、現在の仕事先まで通勤出来る距離であれば、考える必要はありません。

しかし、到底通う事が出来ない地方出身者の場合は、

Uターンの際の仕事について考えておく必要があります。

現在の仕事で培ったスキルを活かせる仕事が、貴方の田舎にはあるでしょうか。

どんな仕事の求人が出ているのかを確認しておいた方が良いでしょう。

大手転職サイトを定期的にチェックする事のは意外と面白いです。

リクナビNEXT

地方求人は、年収は低いけど、生活費ベースも下がるよ

転職サイトを見ると、やっぱり地方は年収下がっちゃうなとか思うかもしれません。

でも東京と地方で暮らすのでは、生活費が段違いです。

また地方での生活は、コミュニケーションや繋がりで得られる豊かさがあります。

また地方での暮らしは、都心部に比べて自由に使える時間が増えます。

Uターン転職後の暮らしぶりを体験談的にコンテンツ化していけば、収益になります

地元での生活は、ガンガン貯金出来て欲しいモノがすぐ買える

地元での暮らしは、とにかく貯金が貯まります。

生活費のベースが下がるのは、もちろんの事ですが、

東京で出費の大きなウェイトを占めていた交際費が格段に下がります。

自由に使える時間が増えた分、無駄使いしそうなイメージがありますが、

地方での遊びはとにかくお金掛かりません。

というより、東京での遊びはお金が掛かり過ぎます。

本当にまだ東京で消費してるの?って言い得て妙だなと思います。

すぐお金が貯まるんで、欲しかった車もすぐ手が届くようになりますよ。

東京に住んでたってだけで色眼鏡で見られる心配

田舎の人たちの東京に対する意識は非常に強いです。

自分から東京をアピールするような言動は避けた方が良いでしょう。

自分から言わなくても、どうせ周りから話題のひとつとして聞かれるので。

そこでも、「自分はあんまり東京が好きじゃない」というスタンスを取りましょう。

「やっぱり地元はいいですね」という態度は、年長者には特に好かれますよ。

刺激がないなら、月1くらいで東京来ちゃえば大丈夫

東京にいて、毎週末遊びまくってる人は少ないと思います。

月1くらいで、東京で遊べればいいやっていう人は、

Uターンしてみると、意外と東京ってそんな恋しくならないです。

もし何か用事があれば、行くくらいの感覚であれば、

交通費もそこまで負担になりません。

東京に行った時は、女の子にお土産のスイーツでも買って帰れば、

すぐ彼女も出来ます。(てきとうです)

Uターン転職は、お金貯まるし、彼女もすぐ出来るから最高

Uターン転職した人の話を聞くと、だいたい不満を言ってる人はいません。

生活が豊かになった感じがするという声が非常に多いです。

何より顔色が良くなる人が圧倒的に多いです。

東京での生活って、どうしても仕事がメインになっちゃうので、疲れちゃいます。

もし仕事ばっかりで、生きる為に仕事するって感じになってるなら、

生活ベースを下げるUターン転職はオススメです。

地域おこし協力隊という生き方もある

地域おこし協力隊という期間限定で、地方自治体で働く事が出来るシステムです。

その地方自治体によって仕事内容は、まちまちです。

近年、テレビなどでも取り上げられてきています。

気になる方は、下記ページで様々な情報を得る事ができます。

あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?