読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オートロックの女性は、もっと防犯意識を高めないと危険

f:id:contents-marketing:20150907054854j:plain

仕事柄、色々なマンション、アパートに入る事が多いのですが、オートロックってマジ防犯的にあんまり意味を為してないなと思いました。とにかくスキだらけのオートロックマンションについて女性が気を付けるポイントを考えます。

オートロックが防犯的に危ないポイント

  • オートロックという安心感から、玄関・窓などの無施錠が多い
  • マンション・アパートの場合、他の入居者の防犯意識も重要
  • 建物の周囲に大きな囲いがされている為、侵入者に気付きにくい

オートロックシステムが採用されている事で、やはり防犯意識が薄れてしまう事が多いです。マンション、アパートだと他に出入りする人が多いので、そういった人たちの防犯に対する意識、または防犯に関する規則の整備などが必要です。

実際にあった被害、事件などを紹介

  1. 居住者のフリをして、オートロック解除後の住人の後ろにつく
  2. オートロックの自動ドアを無理やり開ける
  3. 赤外線センサーを誤作動させて、自動ドアを開ける
  4. 隣の建物から、無施錠の窓から侵入
  5. テープを鍵のかかる部分に貼り、オートロックが掛からないようにする

都心部だと建物の規模が大きく、侵入者の心理は「オートロックを突破し、中に入ってしまえば、こっちのものだ」と言う事が出来ると思います。実際に、同じ建物の居住者の顔が分からない状態だと、侵入者は簡単に紛れ込む事が出来てしまいます。

犯罪者にとって、オートロックマンションは逆に標的

上に記した様に、オートロックはシステム的には素晴らしいのですが、それを利用する居住者の心理的な防犯意識の低さが原因となり、犯罪者にとっては好都合になってしまいます。平和な日常に慣れてしまっていると、なかなか気をつける事は出来ませんが、常日頃から自分の身を守る為に気を付けましょう。

まとめ

犯罪者やストーカーから自分の身を守る為には、そういった悪意のある人間から標的にならないようにしましょう。自分の住んでいる部屋が特定されるのは、女性にとって非常にリスクに繋がりやすくなります。以下の点は、必ず守るようにしましょう。

  • 外部から侵入出来る場所は必ず施錠する(外出、在宅中問わず)
  • 部屋を特定されない為に、エレベーターには1人で乗る
  • 自宅マンション、エレベーターホール付近に知らない人がいる際は、自分の部屋の階以外でエレベーターを降りて、部屋の特定を防ぐ
  • メールボックス郵便物からの個人情報流出を防ぐ為に毎日回収する