うつ伏せでの睡眠は腰痛に大きな影響があるなんて

f:id:contents-marketing:20150903165019j:plain

仰向け、横向き、うつ伏せなど睡眠時の体勢は人によって様々です。自分が寝やすいと思っている寝方では、身体に思わぬ負担がかかっていることがあります。筆者は、昔からうつ伏せでの睡眠を取っているのですが、実は腰痛と大きな関係があったという事を知りました。なぜ腰痛とうつ伏せでの睡眠は関係があるのでしょう。

 うつ伏せは、腰が反ってしまう

うつ伏せという姿勢は、よほどお腹が出ている人でもない限り、腰が反ってしまう姿勢になっています。短時間であれば、ストレッチ的な意味を持って、腰痛にとってもプラスの意味が働きます。しかし、睡眠時など長時間うつ伏せのような腰に負担がかかる姿勢を取っていると、腰痛への関係が悪い方向へ働いてしまいます。どうしても、うつ伏せでないと寝られないのであれば、お腹の下に何かを敷いて、腰があまり反らないような姿勢を取る事が重要です。

腰だけじゃなくて、顔の向きも

うつ伏せで睡眠を取る際に、多くの人が顔を左右のどちらかに向けることになります。顔を枕に沈めて寝るといった人は、かなりのマイノリティーだと思います。うつ伏せ睡眠時に、顔を左右のどちらかに向けてしまうと、それが習慣になり、そちら向きでしか眠れなくなってしまいます。顔をどちらか一方に向け続ける事で、身体の左右のバランスに歪みが出てきてしまいます。顔の向きによって、首から肩、背中にかけて大きな歪みが出てきます。身体の左右の歪みは、継続的にどちらか一方に負担を掛けつづけることになりますので、早めに整体などで歪みを治すことをおススメします。

睡眠にとって一番良いのは、自分にあったモノ!

睡眠時に負担のかかる身体の場所は、ひとによって様々です。体格や、寝相、身体の歪みなどで自分にあった寝具を選ぶ必要があると言われています。自分に合わない寝具を使い続ける事で、さらに身体の歪みを大きくし、身体の慢性的な疲れやだるさの原因にもなります。家具屋さんに行くのは、なかなか面倒なので、ネットである程度探すのが良さそうです。寝具は、かなり大きくネットで買うと送料が高くつくところが多いです。僕の彼女が良く利用しているサイトは、送料無料なので助かってるみたいです。

 

ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店

THE BED ROOM