読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選手兼任監督にみる出来る上司としての「代打、俺」

仕事

f:id:contents-marketing:20150420081620j:plain

現在、プロ野球中日ドラゴンズでは谷繁元信氏が選手兼任監督として活躍しています。選手兼任監督は、いわゆるプレイングマネージャーです。仕事で管理職につく人間は、リーダーとしての資質だけでなく、自身もプレイヤーとして能力が求められます。

選手兼任監督ってなんや

選手兼任監督というのは、字の如く選手と監督を兼ねることです。日本ですと、プロ野球の世界でよく使われる言葉です。現在の中日ドラゴンズ谷繁元信氏や、過去にもヤクルトで古田敦也氏や、野村克也氏も選手兼任監督を務めたことがあります。プロ野球の世界では、監督業を務めるのに、それなりのキャリアが必要である為、長期間選手兼任監督を務めることは、ほとんどありません。プレイヤーとしてのキャリアの晩年に監督を兼任するケースが多いです。プロ野球の世界では、過去に「代打、俺」からサヨナラ満塁ホームランを打った藤村富美男という方もいます。

部下「(お前言われたくねーよ)」

仕事の出来ない上司を持つ部下は、一度は「お前に言われたくねーよ」と思ったことがあります。それは、上司が部下に認められていない為です。「男は黙って背中で語る」という言葉は、上司にはある程度求められるものになります。部下を納得させる為に、上司は実力を見せ続ける必要があります。上司の能力を評価した部下は、無駄なコストを割くことなく仕事に取り組みます。よって集団としての全体的なパフォーマンスが上昇し、上司はやるべきマネージメント業務に集中する事が出来ます。

上司は成果を見せながら、集団をマネージメントする

プレイングマネージャーは、どの企業も従業員に求めている人材の理想像になります。どんな小さい部署でも、リーダーは必要になります。プレイングマネージャーは、望んでなれるものではありません。仕事のスキルと、リーダーとしての資質を合わせて持つ人材は、そうそう見つかりません。なので、あなたも上司に不満があるわけです。もし貴方に部下がいる場合、ときどき「代打、俺」を実践してみると、部下の貴方にたいする印象が変わるかもしれません。